2015年5月アーカイブ

主人のいれる本格派コーヒー

当たり前ですが、いつも自分のコーヒーを入れる時には自分でお湯を沸かし、入れています。
結構薄めな味のものをたっぷりと飲むのが好きなのですが、そんな入れ方をしていると、はっきり言っていろいろな味のドリップコーヒーがあっても、全部い同じ味にしか感じません。
でも私にはこれが一番だと思っているので満足していましたが、いつも私のコーヒーにケチをつける主人に、主人のいうおいしいコーヒーを入れてもらおうということになりました。
お湯を沸かし、ゆっくりと高い位置からお湯を落としていっくという方法は、私と変わりません。
ただやはりお湯を入れる量が少ないんです。
私ならこの倍は入れるのに、というところでお湯を入れるのを辞めてしまいました。
はいどうぞ、ということで、ブラックのまま一口飲んでみます。
予想していた以上に苦さを感じますが、これが本来のコーヒーの味なのでしょうか?お湯を足したい気持ちでいっぱいでしたが、ゆっくりと時間をかけて飲みきりました。
味の好みは人それぞれだし、自分がおいしいと思う味ならそれでもいいんじゃないかな?なんてことを思います。
母乳育児 悩み

このアーカイブについて

このページには、2015年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年4月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja