おいしい回転寿司

最近、回転寿司のお店をよく見かけます。
私が子供の頃はまだ少なくて、親に連れて行ってもらったことは一度しかありません。
しかも記憶に残っているのは寿司ではなくプリン。
回転寿司のはずなのにプリンが流れてきたことが、よほど印象深かったのだと思います。
そんな回転寿司ではありますが、今は国道沿いにもショッピングモールの中にもどこにでもあります。
「お寿司食べたいな」と思ったときにフラリと行けるお店が、私の生活圏の中に4件もあります。
そのうちの3件は、一皿百円の激安お手軽回転寿司。
もう1件は、ネットの口コミサイトに「ちょっと高いけど美味しい」と書かれていたお店。
今日はそのお高めの回転寿司に行ってきました。
ランチとディナーで営業時間がわかれており、私が行ったのはディナーのほうでした。
6時前ということでお客さんもまだ少なかったです。
メニューを見てみると、基本は一皿2貫で260円と、よくある回転寿司と比べたらちょっと高いです。
安い蛸や玉子も130円前後しました。
でもその分、美味しかったです。
なんといってもネタが大きい、そして厚い。
特に鯛の弾力にはびっくりしました。
今まで断然サーモン派でしたが、これからは鯛派に鞍替えです。
逆に他のお店で美味しく感じられる炙りサーモンが、こちらではイマイチに感じられました。
もちろん美味しいのですが、生で食べたかったなと後から思いました。
ウニの軍艦巻きに至っては、なんと2貫で480円。
注文するのはためらいましたが、どうしても食べたい。
きっと食べるまで食べたいと思い続けるだろうと思い、注文しました。
溶けていない、粒のしっかりしたウニの軍艦巻きが出てきました。
寿司なら一口で食べてしまう私ですが、こればかりは二口にわけて食べました。
結局今回は2000円分食べました。
安い回転寿司なら20皿分ですが、この店ではほんの6皿分。
それでも後悔はありません。
食べたいものがあるときは、妥協せずに食べる。
大事なことだと思いました。
デリケートゾーン におい ケア